医師転職相談センターは医師・看護師の未来を共に作るパートナーです。お気軽にご相談下さい!

  • お気軽にお電話ください。

トップ > スタッフブログ > 紹介会社に問合せする前に知っておくべき事!

紹介会社に問合せする前に知っておくべき事!

 

おはようございます。

 

医師の転職やバイト探しにおいて、

失敗しない為のノウハウを情報提供する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

まだまだ過渡期だとは重々承知の上ですし

メリットの裏側で大きなデメリットも存在していて、

上手く使いこなせないと嫌な目にも合ってしまう

医療系の紹介会社…。

 

非常勤先やスポットなどアルバイト探しなら

そう大きな問題にはならないでしょうが、

これが常勤先となると良い担当者と出会えるかどうか…。

ある意味では運にも大きく左右されてしまいます。

 

私は医療系の紹介会社を選ぶにはコツがあって、

 

1、大手だから安心という幻想を捨てる。

2、社歴があるとか、

  老舗だから安心という迷信を捨てる。

3、宣伝広告ではなく、

  情報提供をしている会社をピックアップする。 

 

この3点は是非頭の片隅に入れておいて欲しいのですが、

特に3が重要と考えています。

なぜなら未だに当たり障りのない宣伝広告に胡坐を掻き、

有用な情報提供をしている企業が非常に少なく、

特に大手などは目を覆うような状態だからです。

 

しかし、それよりも何よりも大事なのは、

どんな人物が担当となるのか?

もう突き詰めればこれに尽きると考えております。

 

真っ当で有能な担当者が付いてくれれば、

どんな低レベルな営業方針だろうが、

金儲け以外は考えていない会社だろうが、

担当者のモチベーションと経験、能力で

求職者を喜ばす事は可能であると思うからです。

 

しかし…

なかなかいないんですよね…

そういうコンサルタント…。

 

コンサルタントと会った際のチェックポイントは、

 

1、人材紹介業の経験は何年か? 

2、医療の周辺でビジネス経験が何年あるか?

 

まずはこの2点です。

この1、2を合わせて10年はないと

私は難しいと考えています。

医療とはそんな浅い世界ではないですし、

人材業もすべてが人で完結する難しい世界です。

それなりの経験がないと良いアドバイスはできません。

 

ですが経験がないと絶対ダメかというとそうでもなく、

逆に経験があっても全然ダメな人もいます。

 

それを見極めるのには、

 

1、なぜコンサルタントをしているのか?

2、将来どんなコンサルタントになりたいのか?

  そのためにどんな努力をしているのか?

 

この2つを問い掛けてみれば

すぐにその人の本性や本質が見抜けます。

 

人が好きとか、

人のお役に立つのがやりがいとか、

そういう上っ面な回答しか出てこなければ

見切った方が良いでしょう。

 

私はコンサルタントとして経験不足で

人としてもまだまだ浅い人間ですと言っているのと

同義でありますし、

過酷な医療現場で奮闘し、

人の本質に迫り、

人の良い所も悪い所も見てしまう

医療従事者と深い話しができる訳がありません。

 

ではどうすれば良いコンサルタントと出会えるか…ですが、

私は紹介で繋がるのが最も良いと考えておりました。

 

しかし最近何名かの先生から聞いた話しによりますと

紹介だからと言って必ずしも当たる訳ではないようです。

 

やはり人と人、合う合わないもあるのでしょうし、

たまたま良い求人があっただけで、

それはコンサルタントの力量とは

全く別だという事もあるでしょうからね…。

 

そう考えると良いコンサルタントと出会うのは難しいです…。

 

しいて言うなら…

 

1、自身のプロフィールやプライベートをオープンにできる人

2、情報発信を続けている人

 

この2点なのかもしれないなあ…

最近はそう思うようになりました。

 

1には逃げも隠れもしない

断固たる決意がある証明にもなりますし、

何か共通点が見い出せるかもしれませんしね。

2は経験やノウハウ、人格、人間力の証明です。

なおかつ継続している人なら

いくつかの提供している情報に共感したり、

安心や信頼を置けると思うからです。

 

すでにビジネスマンは二極化しています。

私は下手をするとこれから医療従事者も

二極化していくのではないかと危惧しています。

 

そうなった時に問われるのは、

キャリアプランを立てているか?

キャリアプランとライフプランに整合性が取れているか?

相談に乗り第三者として視野を広げてくれる人がいるか?

この辺りではないかと思うのです。

 

全国に人材紹介のエージェントとして、

非常に優れたコンサルタントは結構います。

しかし残念ながら医療系においては

まだまだ非常に少ないのが現状であります。

 

日頃からいざという時に備えて、

良きコンサルタントを探しておいて欲しいなと…。

いつか役に立つ日が来ると思いますし、

いざという時では遅くもあります。

 

備えあれば憂いなし…ですね。

 

02 

 

サラリーマンや公務員的に働くのであれば

別に準備など必要ありません。

ただただ組織にしがみつき、

船が沈むまで乗っていればいいのです。

 

ですが、医師、看護師、薬剤師など

医療系の職種はそういう働き方は不可能だと思います。

なぜならその存在自体がプロフェッショナルであるからです。

 

サラリーマンのプロとか、

公務員のプロなんてのはあり得ない訳で、

プロにはプロの生き方、

そしてプランニングが必要です。

 

むしろプロ野球選手とか、

サッカー選手のキャリアプランの方が

参考になると思うんですね。

 

彼らも代理人を使います。

それはプロとして専念する為に、

プロをよりプロとして羽ばたかせる為に

必要なのだと思います。

 

医師もそうあるべきではないでしょうか?

 

それでは、また…。

 

 

医師の転職・開業の無料相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為の事例やノウハウを提供します。

お問合せはここをクリック! ジーネット㈱ 小野勝広

 

求人案件をチェックしたい方はここをクリック!

 

 記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ