医師転職相談センターは医師・看護師の未来を共に作るパートナーです。お気軽にご相談下さい!

  • お気軽にお電話ください。

トップ > スタッフブログ > 自分にメリットがないと動かない人間…。

自分にメリットがないと動かない人間…。

 

おはようございます。

 

医師が転職や開業について

気軽に相談できる先として存在する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

自分にメリットがないと動かない人間…。

 

まあよく見掛けますよね…。

おいしそうだなと感じると我先にとグイグイ前に出てきますが、

メリットがないと全く関心を示しません。

 

別にこんな人は相手にしなければいいだけなのですが、

どうしても仕事をしていると、

相手にせざるを得ない時が出てきて

ふむ…難儀やなあ~と思ってしまいます。

 

どこの世界にだって

こういう人は一定数いるでしょうから

できるだけ距離を空けて

災難に見舞われないようにしたいものですね…。

 

とは言え、どんな人にだって、

こういう部分はあると思います。

やっぱり自分は可愛いですし、

少なくとも損はしたくないですもんね。

いつもババを引くのは誰だって勘弁です。

要は程度問題であり、頻度やTPOの問題なんですよね。

 

でもビジネスの場でこれをやってはアカンでしょう。

お金になりそうだから動くけど、

お金になりそうでなければ動かない…。

 

私個人的にはこういう輩を見掛けると

正直腹立ちますし、

ぶっちゃけ2度と付き合わないと思っちゃいます。

 

いやしかし私の方が間違っているのかもしれません。

営利企業なんだから営利を追求するのが本道で、

ビジネスの場に哲学やら倫理やら正義感やらを

持ち出す方がおかしいのかもしれませんね…。

 

もう生き方、考え方の問題ですよね。

私だってビジネスマンの端くれですから

そりゃ収益は上げなきゃならんですし、

売上は欲しいです。

 

でもあくまでも適正な利益が欲しいのであって、

不必要に多く貰おうとか、

大した手間も掛かってないのに

大きな収益を上げようなんて気はさらさらありません。 

 

ところがビジネスって

評価されるのは例え適正な水準ではなかろうが、

とにかく大きな収益を上げた方が評価されちゃうんですよね。

 

私はここがビジネスマンの限界のように思えてなりません。

日本では江戸時代から三方よしと言われ、

お客が喜び、社会の為になり、そして自分も喜ぶという

商人文化が存在していました。

 

グローバリズムだとか、

市場主義だとか、

そういうものがぶち壊してしまったんですね。

こんな素晴らしい文化を…。

 

でも資本主義自体に疑問を感じる人も増えてきているし、

グローバリズムや市場主義も 

その利点だけでなく、大きな欠点を露呈しつつあります。

 

そろそろビジネスマンも

原点に戻らねばならないように思うのです。

 

仕事を通して人を喜ばせていれば

収益はいずれ付いてくる。

 

お客を喜ばせ、社会の為になり、

微力ながらも国家に貢献しようと思ってれば

自分も喜べるようになると思うのですね。

いやそうあらねばならないように思うんですよ、そろそろ…。

 

もともとエンジニアだった私が、

営業マンになって、いきなり数字を上げて、

その後、不調になって…、その時に上司に言われました。

 

なんで営業にノルマがあるかわかるか?

なぜ営業は数字を追い掛けなきゃいけないのかわかるか?

 

その上司は、ノルマの裏には、数字の裏には、

お客さんへのお役立ちがあるんだ。

お役立ちの結果がノルマ達成、数字が上がるという事なんだから

必死こいて営業する事は人の為になるんだ。

 

そう諭されました。

私は上司に恵まれてましたね。

 

こういう考えは好きです。

本当の意味でのお役立ちをすべきだと思うんですよ。

ビジネスって。

 

だからメリットがないと動かない人間なんて、

大嫌いなんですよね。

 

少なくともうちは真っ当なビジネスをやってるねと

周囲から評価頂けるように、

利益の裏側をしっかりと考えながら

ビジネスを進めていきたいと考えております。

 

どっかの会社みたいに、

人を泣かせて、業者を叩いて、

自分たちだけ儲けるような

そういう所とはぶっとい一線を引こうと思います。 

 

02 

 

私が医療にどっぷり浸かって、

医療従事者の皆さんの為に奮闘しているのは、

医療がビジネスではなく、

医療従事者の皆さんは

お金儲けをしているのではないから…というのもあります。

 

もちろん給与を得る為に働くという側面はあって良いですし、

医療機関だって赤字では経営ができませんから、

全くゼロとは思ってません。

 

ですが、病気やケガをしている人の為に、

治療やケアを提供するというのが大前提であって

その先に…という事を徹底できているんですね。

そこが好きです。

 

いつまでもそのようにあって欲しいから、

ビジネスの汚いところを我々が請け負って

皆さんには医療に専念して欲しいのです。

 

センチメンタルな考え方かもしれませんが、

貫き通せば理解者も増えてくると信じて

真っ直ぐに歩んでまいります。

 

それでは、また…。

 

 

意識の高いドクターの情報収集サイト!

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

 

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

 

follow me twitter

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ