医師転職相談センターは医師・看護師の未来を共に作るパートナーです。お気軽にご相談下さい!

  • お気軽にお電話ください。

トップ > スタッフブログ > 看護師の紹介料率が益々下がっている要因と今後やってくる看護師紹介業の姿…。

看護師の紹介料率が益々下がっている要因と今後やってくる看護師紹介業の姿…。

 

おはようございます。

 

医師が本業に専念できるように、

転職や開業をオーダーメードでフルサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

01

 

医療系紹介業界は、

内部にいる私から見ても問題があります。

その中でも最も傷が深いのは看護師の紹介会社です。

 

よって本日のブログのタイトルは、

『看護師の紹介料率が益々下がっている要因と

 今後やってくる看護師紹介業の姿…。』

といたしました。

 

  • 【 目次 】

    1、今まで紹介会社はどのように看護師を紹介してきたか?

    2、看護師の人材紹介業の実態

    3、これから看護師の紹介業はどうなっていくか?

 

1、今まで紹介会社はどのように看護師を紹介してきたか?

看護師の紹介会社については

当ブログでも何度か取り上げてきました。

 

正直私は紹介業の風上にも置けない会社が存在していると考えていて、

実際に問題を起こしている紹介会社も少なくありません。

 

なんて事を書くと

ごく稀にいかにも紹介会社の人間からクレームが来たりしますが、

私としては医師、看護師、そして医療機関にとって有用な情報ですし、

何より真実でもあるのでビクともしません。

 

間違ってるのはどっちだ!と怒りをぶつけたいくらいです。

 

私が医療機関や看護師から直接聞いた内容をいくつか紹介しますと…

 

  • <看護師>

    ・会ってもらえない。

    ・すべて電話、メールで済ませようとする。

    ・相談は不可だった。

    ・求人紹介以外は何もしてくれない。 

    ・看護師の仕事を全くわかっていない。

    ・希望条件と違う求人案件ばかりを紹介してきた。

    ・相談だけでも良いと言ってたのに

     決まればお小遣いが貰えるから登録しろとしつこかった。

    ・紹介された医療機関なのに書類選考で落ちまくった。

    ・面接に行ったら事前に聞いていた内容と全く違った。

    ・紹介された病院に勤め始めたがどうしても合わないので

     辞めたいと言ったら無責任だと怒鳴られた。

 

はい~、いくらでも出てきます…。

あと20や30は一気に書けそうですが

この辺にしておきます…。

 

  • <医療機関>

    ・面接時に何しにきたのかわかっていなかった。

    ・すぐに辞めてしまう。

    ・入職後のフォローがない。

    ・そもそも紹介がない。

    ・こういう人がいるという紹介はあるが面接に進めない。

    ・内定を出しても断られる。

    ・紹介会社が本人の事を何もわかっていない。

    ・紹介会社が本人と会ったのは面接の直前。

    ・退職された事を悪いと思っていない。

     早期退職しても責任を感じずお金だけ払わせようとする。

    ・入職後6か月を経つと本人が辞めてしまう。

     どうやら返金規定を逃れた段階で他にいい所があると声掛けしている。

 

こっちもいくらでも出てきます。

 

要は紹介会社としてのモラルがなく、

まともな仕事をしてきていなかったという事であります。

 

2、看護師の人材紹介業の実態

その結果、今、看護師採用の現場では

どういう事が起こっているか…。

 

  • ① 看護師の採用は人材紹介会社を使わない。

    ② 使ったとしても紹介料率は下げてもらう。

    ③ 使ったとしても採用のバーは高くする。

 

もう顕著に表れていますね。

こういう傾向が…。

 

この事態はロクでもない紹介会社が

自分の首を自分で絞めたという事なので

誰も同情しないでしょう。

 

今まで散々に迷惑を掛けたのですから

自明の理でもあります。

 

ただ問題なのは、

これによって医療機関や看護師の支持を得ている

ごく真っ当な会社まで悪影響が及ぼされる点です。

 

悪質な会社や金儲け至上主義の会社など

どこまでも落ちぶれてもいいと思います。

しかし真っ当な会社まで追い詰めてしまうのは

これは看護師にとっても医療機関にとっても

マイナスが大きいと思います。 

 

3、これから看護師の紹介業はどうなっていくか?

ビジネスパーソンの紹介会社のフィーは、

だいたい年収の30~40%です。

 

経営層や管理職、特殊なスキルを持っている層の採用ですと

40%以上もあり得ます。

 

ところが医療機関においては、

医師も看護師も20%が相場です。

 

医師は希少価値が高く、

一部では30%という紹介フィーでも是非紹介してくれという

医療機関が出始めています。

 

しかし看護師の採用では

15%とか、時には10%を求められるケースも少なくありません。

 

悪質な行為で儲けた資金力のある大手しか

これでは生き残れませんね。

 

医療業界への思いが強く、

本当の意味で看護師の皆さんに喜んで貰おうとか、

医療機関の看護師不足を解消しようという

真っ当な会社こそが撤退しなければならなくなるかもしれません。

 

不健全ですね…。

 

また紹介会社を使わなくなる一方で、

採用ページにお金を掛けたり、

求人サイトにつぎ込んだりという方向に向かうでしょうが、

これも業者はマチマチで、

なかにはノウハウもない企業があたかも経験豊富なように見せ掛けて

請け負う事だってあり得ます。

 

本来、紹介会社というのは、

採用が決まった際のみ費用が発生する成功報酬ですので、

費用対効果が高く採用活動ができる

有効な手段でした。

 

ところが求人紹介しかできない低レベルな会社が行う紹介事業が、

定着率の低下を始めとした弊害を生み、

あろうことか再転職を促したり、

過度な宣伝広告により安易な転職に誘ったり、

ひどいケースでは金銭を提供してまで転職させるなど、

紹介会社として言語道断である程の

金儲け至上主義を貫いてきたのです。

 

まあ相当の会社が退場せねばならないでしょう。

一旦は何十社という会社が撤退するでしょう。

 

新たなルールが必要に感じます。

紹介料率は30~40%であるべきです。

問題はそれに見合うサービスを提供できるかどうかですね。

今までは見合わなかったのですから、

逆風が吹いても致し方ありません。

 

せっかくの機会ですから退場させるべき会社には

退場して頂きましょう。

 

願うのは真っ当な会社が何社かでも生き残る事だけです…。

 

え!うちですか?

弊社は医師が中心です。

看護師は医師や看護師さんから紹介された場合のみ

行っておりますのでそれほど影響はありません。

 

それだけに真っ当な紹介会社の1社として

責任と自覚を持って最後の砦のように挑んでまいります。

 

それでは、また…。 

 

 

<看護師の転職に関しての過去ブログもご覧下さい。>

あれよあれよという間に決まってしまって…失敗を嘆く看護師さん!?

信頼を失い紹介料金が下がる一方の看護師紹介会社の悲しきスパイラル…。

それじゃ転職する看護師さんは幸せにならないよ!

 

 

意識の高いドクターの情報収集サイト!

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

 

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

 

follow me twitter

 

ジーネットNEWコーポレートサイト

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ