医師転職相談センターは医師・看護師の未来を共に作るパートナーです。お気軽にご相談下さい!

  • お気軽にお電話ください。

トップ > スタッフブログ > 新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか

 

 

おはようございます。

 

医師が本業に専念できるように、

転職や開業をオーダーメードでフルサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

02

 

私の書評も結構評判が良くてですね、

興味を持って下さってご購入頂くケースもあるようです。

出版社から何らかの協力金を頂きたいです(笑)。

 

それはそれとしまして本日のブログのタイトルは、

『新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか』です。

 

  • 【 目次 】

    1、なぜ本書をピックアップしたのか?

    2、目次

    3、感想

    4、評価

 

1、なぜ本書をピックアップしたのか?

『新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか』

北野 武 幻冬舎 を読みました。

 

道徳って相対的なものだと思います。

ある人にとっての正しい道徳は

必ずしも万人にとって正しいわけではなく、

時には害にしかならない事だってあり得ると思うからです。

 

先日たまたま娘の道徳の教科書をパラパラと捲りました。

いろいろ思う所はありましたし、

これでいいのかなあ?と突っ込みを入れたい箇所もありました。

 

でもそもそも道徳を教科書にする事自体が

とてつもない難事業であり、

文部科学省の方々も相当に頭を痛めてるんだろうなあ…と思うのです。

 

とは言え自分の道徳観が絶対的に正しいものでもないし、

時には他者の道徳観を知る事も大事ですよね。

 

そこで天才たけし。

ふ~ん、北野武の道徳本ねぇ…。

ちょっと興味深いじゃねえか(笑)。

 

きっと物事の裏側や

穿った見方や捻った考え方などが満載なんだろうなと

結構期待をして読み始めた次第です。

 

2、目次

第1章 道徳はツッコミ放題
第2章 ウサギはカメの相手なんかしない

第3章 原始人に道徳の心はあったか
第4章 道徳は自分で作る
第5章 人類は道徳的に堕落したのか?

 

3、感想

ちなみに私は北野武氏の本を読んだのは初めてです。

映画は数本見た記憶がありますが、

内容はあまり覚えていません(苦笑)。

 

もっとも印象深いのは漫才ブームの頃の個性的な毒舌漫才。

そしてその後の迷司会ぶりの番組でしょうか。

 

本書は、まあたけしさんらしい物言いだな…というのが率直な感想です。

 

なるほど、そういう見方もあるんだ…と面白い部分あり、

それはちょっと浅くね?という箇所もあり…。

 

ただこの方の問題意識や注目する事象は実に面白い。

視点とか、視野が大多数の人とは違うのでしょうね。

しかも大きくズレているのではなく、

ちょっとだけ角度が違うとか、

裏からも見ているとか、

そういう微妙なところが参考になります。

 

「道徳がどうのこうのいう人間は、信用しちゃいけない。」

 

そう言いつつ、

散々に俺はこう思うという文章を書いた上で、

 

「道徳を他人まかせにしちゃいけない。」

「あとは自分で考えてほしい。」

 

こうして本書を終えています。

 

道徳が大切だと言われる時代です。

しかし本当の意味での絶対的な道徳について

万人が納得できる模範を示せるようなものではないと思います。

 

私たち大人の1人1人が

利己的な主張をするのではなく、

それこそ日本人全体の未来のために

世界の人々が平和に暮らせるように

我々人類が心穏やかに生き続けていけるように、

利他的な思想を示していかねばならないのでしょうね。

 

そして次世代の子供たちに押し付けるのではなく、

大人たちの利他的な主張の中から選択していけるような、 

そういうフィールドを作ってあげることが

本来の意味での道徳なのではないかと思いました。

 

道徳の教科書って

ある人達にとっての美談ばかり取り上げてますし、

一方的なある人達だけの価値観を押し付けていますもんね。

 

それは大人の自己満足であって、

もっと広い意味での道徳とは大きな開きがあるように思います。

 

それではイカンでしょう。

たけしさんはそういう事が言いたかったのでしょうね。 

 

4、評価

おススメ度は ★★★☆☆ といたします。

 

予測していたよりもずっと良い内容でした。

ただやっぱりたけしさんは作家ではないし、

道徳家でもないし、 まあ本業ではない訳ですね。

 

知名度があって、賢さを持っていて、

他の人にはない視点を持っている。

だから出版社が目を付けて道徳について語らせた。

 

その内容は面白いし勉強にもなるのですが、

プロではない感が私には感じられてしまいまして

中間的な評価となりました。

 

それでは、また…。 

 

<過去の書評ブログもご覧下さい!>

日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一

パール判事の日本無罪論

オレ様化する子どもたち

 

 

意識の高いドクターの情報収集サイト!

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

 

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

 

follow me twitter

 

ジーネットNEWコーポレートサイト

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ