医師転職相談センターは医師・看護師の未来を共に作るパートナーです。お気軽にご相談下さい!

  • お気軽にお電話ください。

トップ > スタッフブログ > 医療従事者だって褒められたい!!

医療従事者だって褒められたい!!

 

 

おはようございます。

 

医師が日々の仕事をモチベーション高くできるために

多方面からサポートしていく

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

HoooP_logo-700x179

 

IT化が医療現場でも進んでいます。

しかし治療やレセプトに関してのIT化と比較すると

組織や医療従事者間のコミュニケーションについては

まだまだ工夫ができると思ってます。

 

よって本日のブログのタイトルは、

『医療従事者だって褒められたい!!』といたしました。

 

  • 【 目次 】

    1、モチベーションを高める院内SNS

    2、新子社長のインタビュー

    3、ご興味をお持ちになれば… 

 

1、モチベーションを高める院内SNS

 

先日私が参加した某セミナーにて出会ったのが

株式会社シンクスマイルの新子 明希 社長です。

 

自分、家族、仲間、顧客、世界の5つの笑顔をつなぐ。

こんなポリシーを社名に込めたんだそうです。

 

新子社長が提唱するのは、

「組織に褒め合う文化を作りモチベーションを高めよう!」であり、

それを実現する為に「HoooP」というコミュニケーションツールを

世に打ち出したのです。

 

これを導入した企業では、

社員間のコミュニケーションが活発化し、

1人1人のモチベーションが高まる一方で

定着率が目に見える形で向上したそうなのです。

 

しかも社員の個性や強みをマネジメント層が把握できて

人事異動が的確になり、納得感のある評価もできつつあるそうです。

 

私(小野)はこのツールは医療機関においても有効なのではないかと考え、

セミナー後に新子社長に伺ってみると、

「まだ実績はないのですが医療分野にも確実に役立てると思います。」

そんな回答を頂き、弊社とコラボレーションする事になりました。

 

2、新子社長のインタビュー

聞き手) まずは新子社長の自己紹介と、
     シンクスマイルさんを立ち上げた経緯を簡単で構いませんのでお教え下さい。

 

新子社長) みなさん、はじめまして。

      シンクスマイルの新子明希と申します。

      私は1972年3月8日生まれで、
      17歳の時、アメリカ一周の旅をして起業家になると決意したんです。

      その後、19歳で起業し、多種多様な商材を販売、
      15年間黒字を続けたものの会社の存在意義に疑問を持ち、

      それまでとは違う理念集団を創ることを決意し、
      2007年に株式会社シンクスマイルを創業しました。

 

聞き手) シンクスマイルさんの主力サービスである
    「HoooP」は導入企業も増えていて、
     マスコミにも注目されてメディアでも取り上げられていますね。

     簡単に内容をお教え頂けますか?

 

新子社長) 社内の感謝・承認・称賛をデジタルサンクスカードで贈り合うことで、

      活躍する人財を可視化し、コミュニケーションデータを集計することで

      社員の強みや、組織の状態が把握できる クラウドサービスです。

      定着率向上、効率的な人財育成に効果的です。

 

HoooP_app

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞き手) 私から見て「HoooP」は企業だけでなく、

     医療機関や介護事業所などでも効果を発揮できると思います。

     新子社長はその点、どのようにお考えですか?

 

新子社長) はい、医療、介護の業界は慢性的な人財不足、定着率向上が課題です。

      仕事にやりがいを感じるためには、

      自分の仕事が「誰かの役に立っている」ことを実感させてあげることは

      とても大切です。

 

      絶対に必要な業界で献身的に頑張っておられる人たちは、

      もっと感謝、承認されるべきだと考えています。

 

      私自身、数年前に祖母が認知症になり、

      良い施設を探したのですが、
      外から見てもよく分からなかった経験があります。

 

      HoooPは、外のお客様からの感謝も贈れる機能があります。

      日本中から数千個の「ありがとう」を集めている

      医療・介護施設が可視化されれば、差別化もできます。

 

      現在すでにいくつかの介護施設には導入されておりまして、

      定着率向上のお役に立っています。

 

      医療機関からのお問い合わせも増えていますので、

      今後称賛文化を持つ施設を増やしていきたいと思います。

HoooP_web

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞き手) もし「HoooP」にご関心を持った医療機関があった場合には、

     どのような形での導入、その後の効果が考えられますか?

   
新子社長) 大きな医療機関は部分的なトライアル導入から、
      効果を実感されたら全体導入という形になると思います。

 

      あくまでツールですので、

      活用方法を「褒め研修」という形で受けて頂いてから、

      楽しく使って頂ければと思います。

 

      1年活用されれば、定着率は必ず向上します。

      チームワークが良くなる事で最終的には患者さんの満足度が上がります。

      良いチームをつくること。

      それが良いサービスを産むと信じています。

 

mypage

 

聞き手) 最後に御社の理念や新子社長のビジョンなど

     差し支えない範囲でお聞かせ願えますか?

 

新子社長) 弊社のビジョンは、
      世界でいちばん、人を輝かせる会社。をつくることです。

 

      現在、仕事で検索すると、やめたい。
      行きたくない。ミス、ストレス、失敗、辛い・・と

      ネガティブな言葉ばかりが出てきます。

      人生の大部分を締める仕事がネガティブなのは不幸なことです。

 

      仕事は工夫次第でいくらでも面白くできますし、職場は楽しくできます。

      私たちはこれからも、称え合う体験を通して、

      活き活きとはたらく人を増やしていきます。

 

3、ご興味をお持ちになれば… 

いかがでしょうか?

私には他院に先駆けて導入を検討する価値があると思います。

 

「HoooP」について詳細を知りたい方は、

https://www.hooop.me/ ←こちらをご覧になって下さい。

 

また「HoooP」をイメージして頂くために、

いくつか画像を頂きましたので下記ご紹介いたします。

 

badge_1badge_2

badge_3badge_4badge_5

クリニックでも20名以上のスタッフがいるケースでは

検討の余地があるようです。

 

また場合によっては、

総合病院の看護部だけで導入するとか、

患者も含めての仕組みを作るなども対応が可能です。 

 

      • 医療従事者の定着率を高めたい。 

       

      • 医療従事者のモチベーションを高めたい。

       

      • 医療従事者同士のコミュニケーションを
        活発化させたい。

 

そんな思いを持つ医療機関の経営者様、

是非とも「HoooP」の導入をご検討下さい。

弊社は「HoooP」の販売パートナーになっておりますので、

ご関心をお持ちになった医療機関様は

下記よりお問合せ下さい。

それでは、また…。

 

 

<医療現場について書いた過去ブログもご覧下さい!>

医療現場にも労働基準法は厳格に適応すべきなのか?

西洋医療と東洋医療…。

医療現場にヒト、モノ、カネを投入しよう!

 

 

意識の高いドクターの情報収集サイト!

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

 

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

 

follow me twitter

 

ジーネットNEWコーポレートサイト

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ