医師転職相談センターは医師・看護師の未来を共に作るパートナーです。お気軽にご相談下さい!

  • お気軽にお電話ください。

トップ > 医院継承・経営コンサルティング

医院継承・経営コンサルティング

ゆりかごから墓場まで

img_004

 

ゆりかごから墓場まで…。

 

元々は第二次世界大戦後にイギリス労働党が掲げたスローガンです。

 

我が国日本や、その他世界各国で社会福祉政策の指針となったようですね。

 

社会保障制度を充実させる事は国民の願いですし、

時の政権を支持するかどうかの大きなファクターなんだと思います。

 

私も学校で習った時には、そうあるべきだ!と思いましたが、

現実的には社会保障ほどお金の掛かるものはないし、

国家の財政を左右するほどの巨額な予算が組まれていますので、

本当の意味でのゆりかごから墓場までというのは非常に難しいのでしょうね。

 

医療費も社会保障のひとつですから、大変に気になるところではあります。

 

しかし、お膝元のイギリスの社会福祉サービスは国民全員が

無料で医療サービスを受けられる国民健康サービスと

国民全員が加入する国民保険を基幹としていましたが、

膨大な財政支出をもたらし、

いわゆる英国病に由来する税収の伸び悩みを背景に深刻な問題となりました。

 

結果的には小さな政府を目指す保守党のマーガレット・サッチャー政権下で

方針の転換が図られ、大胆な福祉支出の削減が行われた訳です。

 

そしてこれが医療崩壊を促進する事になり、

医療従事者が大量に国外に流出し、

診療をしてもらうのに数カ月も待つ事が常態化してしまったと言われています。

 

政権を奪取した労働党は、第三の道路線へ進み、

経済再建と医療の国民健康サービスの立て直しに取り組んでいるようです。

 

ゆりかごから墓場まで…。

 

スローガンとしては素晴らしいし、

それを望む国民は多いのでしょうが、

その実現はとてつもなく難しいという事なのでしょう。

 

さて、話しは変わりますが…

 

個人的にはこのゆりかごから墓場までという<姿勢>自体は

素晴らしいものであると思いますし、

学ぶべき点、取り入れるべき点は多いにあると考えています。

 

私は医師を中心に、

看護師や薬剤師など医療従事者の転職支援をしている訳ですが

正直言って、大手のような求人数や求職者数を誇り、

回転させるような事業形態はいかがなものかと疑問を持っています。

 

転職後のフォローすら行わないし、

転職後にその方がどうなったのかすら知らないケースも多いんですね。

 

中小企業だからこそできる事なのかもしれませんが、

私はゆりかごから墓場まで…を発揮したいと思っています。

 

「転職した後の人生」実はこっちの方が重要です。

 

開業を目指している医師。

さらなるスキルアップを目指す医師。

家庭に入って勤務日数を減らす医師。

総合病院から診療所に移る看護師。

子育てを終えて復職する看護師。

ご主人の転勤で新たな職場を探す薬剤師。

独立して調剤薬局を開業する薬剤師。

それぞれにはそれぞれの人生があるはずです。

 

そういう未来を共に考え、実現させる。

それでこその本当のコンサルティングではないかと思うんです。

 

私どもで提供できるサービスは転職だけではなく、

開業支援や経営コンサル、

医院継承や分院展開の支援やM&Aまで幅広いです。

 

だからこそ、最初に転職のご相談に現れた先生が、

転職して経験値を高め、次は開業のご支援をして、

経営コンサルとして事業を伸ばし、

分院展開やM&Aで2つめ、3つめのクリニックを持ち、

引退を考え、医院継承までお手伝いする。

 

そんな総合的なご支援も可能なんですね。

 

いかがでしょうか?

これはある意味ではゆりかごから墓場まで…かと思うんです。

 

こういった医療者の一生に寄り添う仕事。

 

私どもが目指す姿はこういったものです。

 

幸い私たちの目指すものに莫大な財源は必要ではありません(笑)。

よってやってできない事はないと思います。

 

簡単ではありませんが、目指すべきものが明確であれば、後は努力あるのみですからね。

1歩1歩実現に向かって精進してまいりたいと思います。

 

無料相談はこちら