医師転職相談センターは医師・看護師の未来を共に作るパートナーです。お気軽にご相談下さい!

  • お気軽にお電話ください。

トップ > 過去の実績紹介

過去の実績紹介

<医師の事例1> 40代後半 心臓血管外科

img_001地方の拠点病院で活躍していたが、事情がありメスを置く決断をする。

実家のある関東に戻って開業をしたいというご相談からスタート。

 

弊社は、開業支援も転職支援も両方できるというメリットがあるが、それを大いに有効活用した事例。

 

当初は開業プランや物件について話しを始めるが、話し込む中で、こちらからの「一旦転職して関東に戻られてから、腰を据えて開業について考えてみませんか?」という提案に対し「まさしくそれもご相談しようと思っていたんです。」との事で、一旦転職に切り替える。

 

今までは専門性を突き詰める医療だったが、総合医や家庭医としての経験を積む為に、総合病院の総合診療科をご案内。

 

また資金を貯める為にもバイトも紹介して欲しいとの事で、こちらはやや専門性を活かした仕事を希望。

 

いずれも、ご希望通りの病院が見つかり、現在は大きなやりがいを感じながらご勤務している。

院長、事務長、スタッフからの評判も良く、あっという間に頼られる存在になる。

先生も職場環境を気に入って頂いており、もしかしたらこのままずっといるかも(笑)、と開業についてはもう少し先になりそうだ。

 

 

<医師の事例2> 40代 消化器外科医

img_001長く急性期病院で勤務してきた中で、退院した患者さん達がどんな生活を送っているかを知りたいという考えが深まり、訪問診療クリニックを希望。

ただ、診療報酬改定で施設での診療の点数が下がり事業を縮小しているところもある中で、居宅を中心にして、本当の意味での訪問診療を行っているクリニックに行きたいとのお考え。

95%以上が居宅であるクリニックをご紹介。

心配されていた夜間帯のオンコールも予想より少なく、年収もアップするなど、いい事ずくめの転職となった。

 

 

<医師の事例3> 40代 開業医

img_001開業して1年。患者さんも徐々に増え、軌道に乗りつつある。

その中で、ご自身の視野が狭くなりがちである事、他のドクターとの接点が少なくなっている事に危機感を持ち、休診日に総合病院でのバイトを希望。

定期非常勤で週1日総合病院での外来勤務を開始。他のドクターとも情報交換ができており「内にこもっていてはいけないね~」と言いながら楽しく勤務されている。

 

 

<看護師の事例1> 30代前半 看護師

img_002看護学校を卒業後、某大学病院で長くご勤務。

特に強い転職希望があった訳ではないが、未来を見通したいとの事でご相談。

 

様々なアドバイスをしながらもその後2年間はそのままのお付き合い。

病院で部署異動があり、異動先で上司と合わずに悩む事になる。

なぜ看護師になったのか?どういう看護師になりたいのか?を話し合い、他の選択肢も検討したいとの事で、本人の適性があると思われたリハビリ病院を提案。

 

全く視野に入っていなかったが、これこそが自分のやりたい事だという事で面接に行き、決定。

現在は多くの患者さんに対して、元気や勇気を与えながら活躍中。

 

 

<看護師の事例2> 20代半ば 看護師

img_002看護大学を卒業後、大学病院にて勤務を開始するも半年で退職。

その後、民間病院に転進するも、こちらも半年で退職。

1年半ほど看護師を離れたが、もう1度看護師に戻りたいという事でご相談。

経験は浅いが、やる気と素直さがあり、こちらの提案を真剣に検討。1ケ月後に大手の訪問看護ステーションで勤務を開始。教育制度も整っており、今は学びながらも患者宅に訪問するのが楽しいとの事。

 

 

<看護師の事例3> 20代後半 看護師

img_002看護学校を卒業し、中核病院で長く勤務。

その病院で救急部の立ち上げに携わり、軌道に乗せる為に献身的に働いてきたが、激務に体調を崩し、精神的にも疲労感が出てきてしまった。

 

看護師の仕事は好きで、長く続けていきたいのだが、このままハードワークはできないと悩む。

また来年にはご結婚が決まったとの事で、妻としての務めもこなしながらの仕事の継続を希望。

クリニックでの勤務は問題ないが、せっかくの経験を活かせる職場に行きたいとの事で、専門性の高いクリニックに転職。

公私ともに充実し、今では毎日が楽しいです!と喜んでいただいている。